シミや毛穴が消えるって本当?ローズヒップオイルの美容効果を解説!

ローズヒップオイル シワ 毛穴が消える

本ページには広告が含まれています。取扱製品への評価方法はコンテンツポリシーに記載しています。

シミや毛穴の悩みに効くと噂のローズヒップオイル。その美容効果は一体どれほどのものなのでしょうか?

この記事では、ローズヒップオイルが持つさまざまな美容効果についてわかりやすく紹介しています。シミや毛穴に対する具体的な効果から、他の美容オイルとの比較までまとめてますのでチェックしてみて下さいね。

ライターのプロフィール
ゆいこ yuico

ゆいこ
女性/エシカルコンシェルジュ/ライター


「私らしくサスティナブルな暮らし」を楽しむ29歳。エシカルコンシェルジュ取得。住まいは築45年のリノベ賃貸マンション。編み物が大好きな息子6才と娘1歳、元料理人のパートナーと共に家庭菜園や保存食づくりなど家族でエコ生活を満喫中。

目次

ローズヒップオイルがシミに効果的な理由

ローズヒップオイルはシミの改善に効果的とされています。その理由を具体的に見ていきましょう。

ビタミンCが含まれている

ローズヒップオイルにはビタミンCが含まれています。ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑制するので美白に効果的です。また、コラーゲンの生成を助け、肌のハリと弾力を保つ働きがあります。

ビタミンCの含有量がとても多いのかというとそうではありません。ローズヒップオイルの美容効果のほとんどは、次項目でご紹介するビタミンAや脂肪酸が担っています。

ビタミンAやリノレン酸が含まれている

ローズヒップオイルにはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAはレチノールとして知られ、肌のターンオーバーを促します。古い角質を除去し、細胞を生まれ変わらせることがシミが改善されると言われている理由です。

脂肪酸であるリノレン酸は抗炎症作用や肌の修復作用を持つので、シミの原因となる肌のダメージを先回りするようにして鎮めてシミの発生を予防してくれます。

強い抗酸化作用がある

ローズヒップオイルは強力な抗酸化作用を持つ成分を多く含んでいます。
抗酸化物質は肌の老化を引き起こすフリーラジカルを中和させ、肌を保護します。シミができる前の肌ダメージを軽減してくれるのです。

また、抗酸化作用は肌の炎症を抑える効果もあります。肌が炎症を起こすとシミが悪化することがあるため、ローズヒップオイルの抗炎症効果もシミの改善に役立っています。

毛穴の悩みにローズヒップオイルが効く理由

毛穴の悩みを解消するために、ローズヒップオイルがどのように役立つのかを見てみましょう。

皮脂の分泌を調整する

ローズヒップオイルに含まれている必須脂肪酸は皮脂分泌を調整する効果もあります。過剰な皮脂分泌は毛穴の詰まりや広がりの原因となるため、適度に皮脂をコントロールすることが重要です。

ローズヒップオイルを使用で肌の油分バランスが整い、毛穴の目立ちが抑えられます。また、オイルの保湿力で乾燥による毛穴の目立ちにも効果的です。

必須脂肪酸が豊富

ローズヒップオイルは、オメガ3やオメガ6などの必須脂肪酸を豊富に含んでいます。これらの脂肪酸のもつ肌のバリア機能を強化するはたらきは、健康な肌を保つのに必要不可欠です。

必須脂肪酸が肌の水分を守り、閉じ込めてることで毛穴の引き締めにも役立ちます。

ターンオーバーを促す

ローズヒップオイルの効果によりターンオーバーが正常におこなわれると、古い角質がスムーズに剥がれ、新しい肌細胞が作られます

古い角質の除去とともに毛穴の詰まりが解消され、毛穴が目立ちにくくなるのです。

シミと毛穴改善以外の美容効果は?

ローズヒップオイルには、シミや毛穴以外にもさまざまな美容効果があります。代表的なものを見ていきましょう。

バリア機能を高め肌荒れを防ぐ

ローズヒップオイルの高い保湿効果は肌のバリア機能が強化し、紫外線や乾燥などの外的な刺激から肌を守ります。肌荒れなどの肌ダメージの防止に効果的です。

時間をかけながら肌トラブルの根本的な原因を取り除くので、肌質改善をしたい方にもおすすめです。

シワやたるみを防止する

前述していますが、ローズヒップオイルには高い抗酸化作用があるのでエイジングケアにも向きます。ビタミンAやビタミンC、抗酸化物質はどれも肌の老化を防いでくれる成分です。

美容成分がコラーゲンの生成を促進し、肌に弾力をもたせることでシワやたるみを予防します。さらに、肌のターンオーバーを正常にしてくれることも、若々しい肌に導いてくれる点です。

ニキビ跡や傷の改善

ローズヒップオイルには肌を修復する作用もあるので、ニキビを潰してできてしまった傷やニキビ跡の改善にも効果的です。ビタミンAが肌の再生を促進させ、ビタミンCは肌の色素沈着を抑制することで、肌のトーンを均一にもしてくれます。

また、抗炎症作用もあるため、すでにできてしまっているニキビの炎症を抑え、跡を残りにくくする効果も期待できます。

比較早見表|他の美容オイルと効果を比較

ローズヒップオイルと他の美容オイルの効果を比較してみましょう。どのオイルが自分の肌に合っているのかを知るための参考にしてくださいね。

スクロールできます
ローズヒップオイルホホバオイル米ぬかオイルアルガンオイルココナッツオイルマルラオイルスクワレンオイル
原材料ローズヒップ
ローズヒップの種
ホホバオイル
ホホバの種
米ぬか
米ぬか
アルガン
アルガンの実

ココナッツの果肉
マルラの実オリーブやサメの肝油
10mlあたりの
価格平均
1,000円800円600円1,200円300円1,500円700円
美容効果アンチエイジング
シミやシワの改善
・保湿
・皮膚再生
・炎症の鎮静
・保湿
・美白
・肌の柔軟化
・保湿
・アンチエイジング
・エラスチンの強化
・保湿
・抗菌
・肌の修復
・アンチエイジング
・保湿
・酸化防止
・保湿
・皮脂のバランス調整
・肌の修復
酸化の
しやすさ
しやすいしにくい中程度中程度しにくいしにくい非常にしにくい
おすすめの
肌タイプ
乾燥肌
老化肌
ダメージ肌
全ての肌タイプ
特に敏感肌
乾燥肌
成熟肌
乾燥肌
老化肌
普通肌
乾燥肌
敏感肌
ニキビ肌
乾燥肌
老化肌
敏感肌
全ての肌タイプ
特に敏感肌

ローズヒップオイルとは別の成分で、似た美容効果を持つのがアルガンオイルです。高い保湿効果と抗酸化作用を持ち、外的なダメージから肌を守ります。

ローズヒップオイルはシミやニキビ跡の改善に特に効果的である一方で、アルガンオイルは肌の弾力を保ち、シワやたるみの予防にとくに優れています。

ホホバオイルは皮脂に似た成分で肌にとてもよく馴染みます。とくに肌のバランスを整えることに優れ、敏感肌でも脂性肌でも使えるのが特徴です。ローズヒップオイルより安定性が格段に高いので、酸化しづらいことも利点です。

マルラオイルはローズヒップオイル同様、強力な抗酸化作用を持ちます。抗酸化作用をもつ成分は豊富にふくまれているビタミンEで、ローズヒップオイルとは成分に違いがあります。肌を柔らかく保ち、保湿効果が高いです。

米ぬかオイルは独自の美白効果をもち、ローズヒップオイルと比べてとても安価です。シミやくすみを改善する効果もあるので、シミに悩まれている方は米ぬかオイルを検討するのもおすすめです。

ローズヒップオイルの効果的な使い方と注意点

ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出すためには、自分の肌質を見極めて量を調整しなければなりません。抽出方法によっては成分に違いが出る場合があります。

なるべくその効果を高めるためにも、ローズヒップオイルの効果的な使い方と選び方は事前にチェックしておくべきでしょう。

また、シミや毛穴の改善に効果的なローズヒップオイルを使うときは、光毒性について理解しておかないと、シミの原因をつくってしまうことになりかねません。ローズヒップオイルの光毒性や酸化については、天然素材を取り扱う上で大切な内容です。

まとめ

ローズヒップオイルがシミや毛穴の改善に効果的なのは、ビタミンAやビタミンC、抗酸化物質などの成分が主な理由でした。

シミや毛穴改善だけでなく、保湿効果やアンチエイジング効果も高く、さまざまな肌トラブルに対応できることもわかりましたね。万能なローズヒップオイルをいまのスキンケアに1つ加えるだけで、美肌への道のりが短くなるはずです。

この記事がローズヒップオイルを検討されている方の参考となりますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【上級睡眠指導士782号】 身長175㎝/体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。腰痛にやさしいマットレスが特に好き。寝室はマットレスだらけです。

コメント

コメントする

目次