ローズヒップオイルを効果ないと感じる人必見!効果的な使い方と選び方ガイド

ローズヒップオイル choice 選び方 効果的

本ページには広告が含まれています。取扱製品への評価方法はコンテンツポリシーに記載しています。

ローズヒップオイルはビタミンCやAが多く含まれていることから、美肌効果が期待される天然のオイルです。しかし、中には、使用料や品質などの理由でその効果を実感できないと感じる人もいます。

この記事では、ローズヒップオイルを使用しても効果がないと感じてしまう理由をはじめ、効果的な使い方と選び方についてわかりやすく紹介していきます。

正しい知識を身につけて、ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出しましょう

ライターのプロフィール
ゆいこ yuico

ゆいこ
女性/エシカルコンシェルジュ/ライター


「私らしくサスティナブルな暮らし」を楽しむ29歳。エシカルコンシェルジュ取得。住まいは築45年のリノベ賃貸マンション。編み物が大好きな息子6才と娘1歳、元料理人のパートナーと共に家庭菜園や保存食づくりなど家族でエコ生活を満喫中。

目次

ローズヒップオイルを効果ないと感じる理由とは?

ローズヒップオイルの効果を実感できない理由には、いくつかの共通点があります。以下に、その主な理由を紹介します。

効果を感じられない理由
  • 使用量を守っていない
  • 劣化させてしまっている
  • 肌質に合っていない
  • オイルの品質が低い

使用量を守っていない

ローズヒップオイルは適量を守って使うことが大切です。少なすぎると効果が不十分になり、多すぎると肌がべたつき吸収しにくくなります。肌質に合わせて使用量を調整するようにしましょう。

劣化させてしまっている

光や熱に弱いローズヒップオイルは、保管方法を間違えると劣化してしまいます。冷暗所での保管が基本で、使用後はしっかりとキャップを閉めましょう。温度や湿度管理がしやすい冷蔵庫での保管がおすすめです。

肌質に合っていない

ローズヒップオイルは、すべての肌質に適しているわけではありません。とくに敏感肌脂性肌の人は、合わない可能性があります。肌に合わないと感じた場合は、他のオイルの検討も視野に入れてみて下さい。

アルガンオイルやマルラオイルは、違う成分でローズヒップオイルに似た美容効果をもつ美容オイルです。検討する際の選択肢として参考にしてください。

オイルの品質が低い

オイルの品質は効果に直結するほど大きく影響するといわれています。安価なオイルは不純物が多く含まれていたり、大量生産が可能な溶剤抽出法で成分が変わっていたりする場合があります。

また、ローズヒップオイルの価格帯は、品質や製造方法、ブランドによって大きく異なりますが、おおまかに以下のようなイメージで覚えてみてください。

ローズヒップオイルの価格帯別目安

【低価格帯】

  • 価格: 約1,000円〜2,500円
  • 特徴: 主に大手メーカーの大容量製品や、コールドプレスではなく溶剤抽出法で製造されたものが多い。

【中価格帯】

  • 価格: 約2,500円〜5,000円
  • 特徴: コールドプレスで抽出され、オーガニック認証を受けている製品が含まれます。品質が良く、効果も期待できます。

【高価格帯】

  • 価格: 約5,000円〜10,000円以上
  • 特徴: 高品質なオーガニック製品で、特に手作業で収穫されたローズヒップを使用し、化学物質を一切使用せずに製造されたもの。ブランド価値も含まれており、高級感があります。

なるべく高品質なオイルを選ぶことで、その効果を最大限に引き出すことができます。

ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出すためのポイント

ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出すために、おさえておきたいポイントを以下にまとめました。

効果を引き出すポイント
  • 肌質に合った量を使う
  • 正しいタイミングで使う
  • 他のスキンケア製品と併用する
  • 継続的に使う

肌質に合った量を使う

今の使用量が少なすぎたり多すぎたりしないことを確かめましょう。使用量については、まずは製品の指示を参考にしてください。使用感や肌の様子を見ながら、自分の肌の状態に合わせて再調整することが大切です。

肌タイプ別の使用量目安は?

肌タイプ使用量目安
普通肌3〜4滴
乾燥肌4〜6滴
脂性肌2〜3滴
敏感肌2〜3滴

普通肌の方は、化粧水の後にローズヒップオイルを軽く温めてから顔に押し込むように塗布。肌にしっかり吸収させるために、少量ずつ丁寧に広げてみてください。

乾燥肌の方は、洗顔後に化粧水をつけた後、ローズヒップオイルを顔全体にやさしくマッサージしながら塗布するのがおすすめです。保湿効果を高めるため、クリームを重ねても良いでしょう。

脂性肌の方は、少量を化粧水や美容液と混ぜて使用するとべたつきが少なくして使うのがおすすめ。特にTゾーンには少なめに、乾燥しやすい部分には少し多めに調整すると良いでしょう。

敏感肌の方は、少量を手のひらで温めてから顔に押し込むように優しく塗布。肌に異常がないか確認しながら使用し、異常があれば使用を中止してください。

正しいタイミングで使う

ローズヒップオイルは夜のスキンケアの最後に使うことで、肌の再生を助ける効果が高まります。ローズヒップオイルは紫外線に敏感であるため、朝のスキンケアの使用はあまりおすすめできません

ローズヒップオイルの光毒性については「ローズヒップオイルのデメリット|光毒性と酸化について」でご紹介しています。

ローズヒップオイルを肌に塗った状態で紫外線を浴びるとシミや色素沈着を起こしやすくなります。どうしても朝のスキンケアに取り入れたい場合は、必ず日焼け止めを併用してください。

他のスキンケア製品と併用する

ローズヒップオイルは、他のスキンケア製品と併用することでその効果を高めることができます。保湿クリームや美容液、他の美容オイルに数滴混ぜる方法もあります。

ローズヒップオイルは劣化しやすい繊細なオイルです。他のスキンケア製品に混ぜて使う場合は、早めに使い切るか、手のひらで使用分を混ぜるようにしましょう。

継続的に使う

どの美容製品にもいえることですが、効果を実感するためには継続して使う必要があります。一度や二度の使用で大きな効果を感じられることは少ないです。毎日のスキンケアに取り入れることで、徐々にその効果を実感できるでしょう。

ローズヒップオイルの選び方ガイド

前述したように、ローズヒップオイルの品質は効果に大きな影響を与えます。良質で、信頼できるオイルの選び方を紹介していきます。

オーガニック認証の有無

オーガニック認証を受けているローズヒップオイルは、化学肥料や農薬を使用せずに栽培されたローズヒップから抽出されています。肌への優しさを重視するなら、オーガニック認証の有無を確認しましょう。

冷却圧搾法で抽出されたオイルを選ぶ

冷却圧搾法(コールドプレス製法)で抽出されたローズヒップオイルは熱を加えずに抽出されるため、有効成分が失われにくいです。ビタミンや抗酸化物質がそのまま残っている高品質なオイルを得ることができます。

純度の高いものを選ぶ

ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出すためには、純度の高いものを選ぶことが重要です。添加物や他のオイルが混ざっていない、純度100%のオイルを選びましょう。

信頼できるブランドの製品を選ぶ

信頼できるブランドの製品を選ぶことも大切です。評判や口コミを確認し、品質が保証されている製品を選ぶのもおすすめです。

ローズヒップオイルを使ったおすすめのスキンケア方法

ローズヒップオイルを使ったスキンケア方法をご紹介します。効果的に取り入れるための参考にしてくださいね。

ナイトケアに取り入れる

肌の修復をおこなってくれるローズヒップオイルは、ぜひ夜のスキンケアに取り入れましょう。

スキンケアの一番最後に使うのが基本の使い方ですが、いつものスキンケアの前に使う方法もあります。スキンケアの一番始めに使うことで、後から使う化粧水や美容液をより肌に浸透しやすくしてくれます。乾燥が気になる時期には、ナイトクリームの代わりとして使うのもおすすめです。

化粧水の前に塗るオイルをブースターオイルと言います。ブースターオイルは、スキンケア製品の美容成分を肌に導入するために塗るものです。浸透力を高めるためには親水性の高いオイルを選ぶ必要があり、ローズヒップオイルの他にも、ホホバオイルやスクワレンオイルなどがあります。

フェイスマスクに混ぜる

フェイスマスクにローズヒップオイルを数滴加えることで、保湿効果をさらに高めることができます。前述していますが、オイルを混ぜることでマスクの美容成分が肌に浸透し効果的です。

目元ケアに使用する

皮膚の薄い目元は乾燥しやすいうえによく動かすので、シワができやすい部分です。ローズヒップオイル少量を瞼や目尻に優しくなじませることで、保湿に加えシワ予防にもなります。毎晩のケアにおすすめです。

ボディオイルとして使う

ローズヒップオイルをボディケアに使用する場合は、特に乾燥が気になる部分にマッサージするように塗り込みましょう。しっとりとした肌を実感できます。また、入浴後の温まった柔らかい肌に使うと効果がより高まります。

おすすめのローズヒップオイル3選

これまで触れてきた、ローズヒップオイルの品質や選び方を踏まえたうえで、うちライフ編集部がおすすめのローズヒップオイルを厳選しました。

抽出方法や価格にも注目しながらご覧くださいね。

Life-Flo|PURE ROSEHIP SEED OIL

原産国
原材料有機ローズヒップ種子油
ビタミンE(酸化防止のため1%配合)
内容量30ml
価格1,783円
10mlあたりの価格594円
抽出方法冷却圧搾法

Life-Floの「PURE ROSEHIP SEED OIL」は、CCOFオーガニック認証を受けた有機ローズヒップのピュアオイルです。
冷却圧搾法で抽出されているため、ローズヒップの美容成分が丸ごと詰まっています。

ローズヒップオイルの劣化に配慮した遮光瓶が採用されています。さらに、スポイト式なので1滴単位で使うことができ、便利で衛生的です。

信用できるオイルを求めている方、使いやすさ重視の方におすすめです。

無印良品|ローズヒップオイル

無印良品
¥1,490 (2024/07/01 13:57時点 | Amazon調べ)
原産国チリ
原材料ローズヒップ油
内容量50ml
価格1,490円
10mlあたりの価格298円
抽出方法溶剤抽出

無印良品のローズヒップオイルは、お財布にやさしい価格で手に取りやすいオイルです。
化学的に抽出されているので、本来のローズヒップオイルの成分が変化している可能性はあるものの、口コミは悪くありません。

実店舗がたくさんある無印良品なので、現物を実際に見ることができテスターを試すこともできます。

コスパ重視の方、実物を試してみたい方におすすめです。

自然化粧品研究所|ローズヒップオイル

原産国チリ
原材料ローズヒップオイル油
内容量100ml
価格2,867円
10mlあたりの価格286円
抽出方法圧搾法

自然化粧品研究所のローズヒップオイルは、1989年から自然派の化粧品を研究・開発している企業が販売しているピュアオイルです。
成分の割合や抽出方法まで明記しており、どの製品も透明性が高く、信頼を寄せられます。

ご紹介しているのは詰め替え用の大容量タイプで、割安です。10mlと50mlのサイズ展開もあります。

顔だけでなくマッサージやボディケアにも使いたい方におすすめです。

まとめ

ローズヒップオイルの効果を最大限に引き出すためには、適切な使用量や保管方法、肌質に合った選び方などのとても基本的なことが重要です。

高品質なオイルを選び、ぜひ継続的に使用しましょう。肌の状態を良い方へ導き、美しい肌を手に入れることができます。正しい知識を持って、ローズヒップオイルの効果を実感してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【上級睡眠指導士782号】 身長175㎝/体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。腰痛にやさしいマットレスが特に好き。寝室はマットレスだらけです。

コメント

コメントする

目次