浄水型ウォーターサーバーのデメリットは?カビ問題と水がまずいと感じる理由も解説!

浄水型ウォーターサーバー デメリット まずい カビ

本ページには広告が含まれています。取扱製品への評価方法はコンテンツポリシーに記載しています。

浄水型ウォーターサーバーは、いつでも新鮮な水を家庭で飲めるアイテムですが、いくつかデメリットもあります。特にカビの発生リスクや水の味に関して、多くのユーザーにとって気になる点でしょう。

この記事では、デメリットやメリットに加えて、浄水型ウォーターサーバーの正しいメンテナンス方法や水を美味しく保つポイントについても触れていきます。

浄水型ウォーターサーバーを取り入れた快適な生活を送りたい方はぜひ参考にしてみてください。

うちライフがおすすめする
浄水型ウォーターサーバー
3

スクロールできます
商品名ViVi Waterエブリィフレシャスピュアライフ
画像
タイプ浄水タイプ
(タンクに補充)
浄水タイプ
(タンクに補充)
浄水タイプ
(タンクに補充)
料金プラン3,300円/月々3,300円/月々3,300円/月々
送料無料無料無料
モデルロング/ショート/+ミストmini/tall/tall+cafe1種類
温度調整6段階6段階3段階
電気代
節約機能
SLEEP機能
ECOモード
SLEEP機能
ECOモード
節電モード
1か月の
電気代目安
330円
※ECOモード使用時
約360円~
※SLEEP機能とECOモード併用時
約462円~
※節電モード使用時
除菌機能UV-LED(紫外線)UV-LED(紫外線)UV-LED(紫外線)
メンテ
ナンス
7カ月半に1回のフィルター交換7カ月半に1回のフィルター交換6カ月に1回のフィルター交換
乗り換え
サポート
最大16,500円最大16,500円なし
解約金1年未満33,000円
2年未満22,000円
3年未満11,000円
1年未満22,000円
2年未満16,500円
3年未満11,000円
なし
キャン
ペーン
①実質2か月無料キャンペーン①実質2か月無料キャンペーン
②抽選でプレゼントあり
①レンタル料金最大3か月半額
②契約期間の縛りなし違約金0円
③抽選でカタログギフト
100万円分を100名様にプレゼント
公式リンク

コストをとにかく抑えたい方は安い浄水型ウォーターサーバーおすすめ9選も参考にしてみてください。

目次

浄水型ウォーターサーバーのデメリット

浄水型ウォーターサーバーのデメリットについては以下の5つが挙げられます。

カビが発生しやすい

浄水型ウォーターサーバーは、湿気が多い場所に設置されるとサーバー本体にカビが発生しやすくなります。特に夏場や湿度の高い環境では注意すべきポイントです。

カビが発生すると、衛生面での問題だけでなく健康を害する可能性も。さらに、カビが繁殖すると、ウォーターサーバーの内部にも影響を及ぼし、機械自体の性能が低下する場合もあります。

宅配型ウォーターサーバーも同様ですが、フィルター清掃など各箇所の定期的なメンテナンスは欠かせません。特に浄水型ウォーターサーバーはタンク内の清掃を徹底する必要があるでしょう。

水の味にばらつきがある

使用を続けていると、浄水型ウォーターサーバーの水の味はばらつきがあることも感じられるかもしれません。これは、フィルターの性能や水道水自体の質、サーバー内部の状態などが影響を与えるためです。

特にフィルターの交換時期が近くなってきたり、期限を過ぎたまま使用を続けると、水の味がまずいと感じることもあります。

また、サーバー内部に汚れが溜まると、これも水の味に影響を及ぼします。水道水自体の質が低い地域では、浄水器の性能が十分でないと、水の味に不満を感じることがあるでしょう。

天然水のような「自然な味」を求める場合は宅配型ウォーターサーバーの方がおすすめです。

初期費用が高い

浄水型は月額のみの定期プランが一般的ですが、その導入には設置費用や事務手数料などの名目で2,000円~3,000円程度の初期費用がかかる場合があります。

しかし、長期的には宅配型ウォーターサーバーよりもコストパフォーマンスが圧倒的に良いでしょう。

キャンペーンで初期費用が無料になっていることが多いので、メーカーを選ぶ際にはお得な期間中かどうかも判断ポイントにしてみてください。

災害時の備蓄ができない

浄水型ウォーターサーバーは水道水を利用して浄水をつくるタイプなので、災害時の備蓄ができません。そのため、停電や断水が発生した場合は使用できなくなります。

浄水型を設置する場合は、非常時用にペットボトルの水や他の水源を確保する必要があるでしょう。

丁寧なメンテナンスが必要

浄水型ウォーターサーバーは、タンク部分に関して丁寧なメンテナンスが必要です。2~3日に1度、清潔なスポンジ洗剤を使用し、タンク内清掃をおこなってください。

宅配型とのメンテナンスに関する違いは、基本的にタンク掃除があるかないかだけです。ただ、忙しい生活を送る人にとっては、その手間が大きな負担になるかもしれません。

使用する量が少ない場合は割高になる

浄水型ウォーターサーバーは「3,500円/月」のように、基本使用料が定額です。そのため、1ヶ月の利用量が24L以下の場合は宅配型ウォーターサーバーよりも割高になる可能性があります。

特に一人暮らしの場合は月24L以上の利用がむずかしくなることが多いです。家族構成や利用目的など、よく考慮して選ぶべきでしょう。

浄水型ウォーターサーバーのメリット

浄水型ウォーターサーバーのメリットには以下の4つが挙げられます。

いつでも新鮮な水が飲める

浄水型ウォーターサーバーは、水道水を入れてその場で浄水をつくるため、いつでも新鮮でカルキ臭のない水を飲むことができます。

とはいえ、冷水にしても温水にしても少々時間がかかります。各サーバーごとに何分程度で飲みたい温度の水ができあがるのかチェックしてみてください。

ペットボトルのゴミが減る

浄水型ウォーターサーバーを使用することで、ペットボトルのゴミを減らすことができます。環境に配慮した生活を送りたいと考える人にとって、大きなメリットでしょう。

また、12Lボトルは大きく、ゴミ袋の容量の多くを使ってしまいます。ペットボトルの処分にかかる手間が省けたり、ごみ袋代も節約可能です。

エコな生活を推進するアイテムとしても人気があります。

重たいボトル交換の手間がない

従来の宅配型ウォーターサーバーでは、重たいボトルを交換する手間がかかりましたが、浄水型ウォーターサーバーではその手間がありません。水道水を直接ろ過して浄水びするため、重たいボトル交換の必要がないのです。

また、ボトルの保管場所を確保する必要もありません。手軽に使えるのは、特に高齢者や女性にとってもうれしいポイントです。

コストパフォーマンスが良い

長期的に見ると、浄水型ウォーターサーバーはコストパフォーマンスが良いです。初期費用やフィルター交換費用はかかりることがありますが、使用料が多い家庭ではかなり経済的な負担が減るのがメリット。

また、電気代も比較的低く抑えられることが多いです。毎月かかるランニングコストを抑えたい方は浄水型ウォーターサーバー一択といえるでしょう。安いウォーターサーバーを探している方にピッタリです。

浄水型ウォーターサーバーのカビ問題とは?対策をチェック!

浄水型ウォーターサーバーにおけるカビ問題の原因と対策についてまとめてます。

カビは湿気を好むため、湿度が高い環境では繁殖しやすく、特にキッチンの水道近くなど湿気が多い場所や湿気が溜まりやすい窓のない場所にウォーターサーバーを設置するとカビが発生しやすくなります。

したがって、設置場所の選定が重要です。乾燥した場所に設置することでカビの発生をある程度防ぐことができます。

また、定期的な換気や清掃も必要です。

フィルターにホコリが溜まると内部にカビが発生しやすくなりますので、定期的なフィルター掃除が必要です。清掃時期を忘れないようにするためのメモやリマインダーを活用し、常に清潔にしておくことが大切です。

さらに、タンク内部の清掃を怠るとカビが発生しやすくなるため、定期的なメンテナンスをしっかりおこなうことが重要です。特に水受け皿やタンクの清掃は重要であり、メーカーのメンテナンスサービスを利用するのも一つの手です。

浄水型ウォーターサーバーの水がまずいと感じる理由

浄水型ウォーターサーバーの水がまずいと感じる原因については、以下のような理由が考えられます。

フィルターの性能が低下しているから

フィルターの性能が低下すると、水の味が悪くなります。フィルターが劣化すると、水の中の不純物を十分に取り除けなくなるためです。

ただし、フィルター交換頻度は多くのメーカーは半年前後です。基本的にはその周期に従って利用すれば問題はありません。それでも気になる場合は問い合わせてみるとすぐに対応してくれるはずです。

また、フィルターの品質にも注意が必要。メーカーごとにフィルターの性能や特性は違います。商品ページを見るときに、カルキ除去率やどのくらいの種類の不純物を取り除けるのかをチェックして選んでみてください。

\業界最高レベルのフィルターを使用!/
プレミアウォーター「Locca」

初月利用&事務手数料無料キャンペーン実施中
ハミングウォーター キャンペーン

期間限定!

  • 1か月目の月額2,580円が無料
  • 初期費用2,200円が無料

※乗り換えキャンペーンの情報はありません。

\シェア率上位の浄水型ウォーターサーバー/

サーバー内部に汚れが溜まっているから

サーバー内部に汚れが溜まると、水の味にも影響を及ぼす可能性があります。

特にタンクや水栓周りの汚れは定期的に清掃することが重要です。内部の清掃を怠ると、カビだけでなく雑菌が繁殖しやすくなります。

清潔な状態を保つためには、細かな部分の清掃も定期的におこなうべきでしょう。

水道水自体の質が低いから

浄水型ウォーターサーバーの性能に関わらず、水道水自体の質が低い場合、満足のいく味を得るのはむずかしいです。地域によっては、水道水の質にばらつきがあります。

また、天然水を飲める宅配型ウォーターサーバーよりは水の味が劣ると感じる方が大半です。自然な味わいの水を求める場合は宅配型の方が合っているかもしれません。

設置場所の環境が悪いから

ウォーターサーバーの設置場所によっても、水の味に影響を与えることがあります。

特に直射日光が当たる場所や、高温多湿な場所に設置すると、水質が悪化することがあります。適切な設置場所を選ぶことが大切です。

推奨されるのは冷暗所。日の当たらないところに設置することで、水の品質を保つことができます。また、周囲の環境を整えることも重要です。部屋の掃除が行き届いているかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

カビを防ぐための正しいメンテナンス方法

カビを防ぐためには適切なメンテナンスが必要。以下に具体的な方法を紹介します。

定期的にフィルターを清掃する

本体裏のフィルターの清掃は、カビを防ぐために最も重要な作業です。各メーカーごとに清掃方法が決まっているので、それぞれ確認してみてください。

水受けやタンクを定期的に掃除する

水受け皿やタンクの清掃は忘れずにおこないましょう。徹底した除菌のためにも、なるべく洗剤を使用して洗うことをおすすめします。定期的な清掃を習慣化することで、カビの発生を防ぐことができます。

ただし、清掃はサーバーの取扱説明書に従って正しくおこなってください

内部のメンテナンスは必要なし

基本的にウォーターサーバーの本体内部は自動クリーニング機能が搭載されています。そのため、内部の汚れは気にすることはありません。

ただし、メーカーや機種によってはメンテナンス機能が搭載されていないこともあります。その場合は、メーカー側が用意した業者が3~5年に1度メンテナンスに来るはずです。メンテナンスについて不安な方は、アフターフォローもしっかりしているかどうかも選ぶ際に注視しておいた方が良いかもしれません。

浄水型ウォーターサーバーはどんな人におすすめできる?

浄水型ウォーターサーバーと宅配型ウォーターサーバーのどちらがどんな人におすすめできるかについてまとめてます。

浄水型ウォーターサーバーがおすすめ!

こんな人におすすめ
  • ペットボトルのゴミを減らしたい
  • いつでも新鮮な水を飲みたい
  • 重たいボトル交換が億劫
  • コストパフォーマンス重視
  • メンテナンスをこまめにできる
  • エコな生活を送りたい
  • 水の消費量が月24L以上

浄水型ウォーターサーバーは、ペットボトルのゴミを減らしたい人や、いつでも新鮮な水を手軽に利用したい人におすすめです。特に環境に配慮したい方や、高齢者、忙しい生活を送る人にとって便利なアイテムです。

宅配型ウォーターサーバーがおすすめ!

こんな人におすすめ
  • おいしい水を飲みたい
  • ミネラルウォーターを飲みたい
  • ボトル交換が苦にならない
  • タンク掃除がめんどうに感じる
  • 災害対策も視野に入れている

一方、宅配型ウォーターサーバーは、災害時の備蓄を重視する人や、定期的なボトル交換が苦にならないや、メンテナンスの手間を避けたい方にも適しています。

どちらを選ぶかは、個々のライフスタイルやニーズに応じて決めると良いでしょう。

美味しい水ってなに?論文やデータを参考に考察

結論からいうと、美味しい水の要件は、主にミネラルバランス、炭酸ガスや酸素の含有、無臭であること、適度な硬度が大切です。これらの要素がバランスよく含まれている水は、美味しく感じられることが多いです。

しかし、最終的には個人の好みによるため、自分にとって最も美味しいと感じる水を見つけることが大切です。

美味しい水の定義

美味しい水の定義は、1985年に日本の厚生労働省が発足した「おいしい水研究会」によって定められました。この研究会は水の味や成分に関する基準を設けています。

その中で提唱される美味しい水の特徴は以下の5つ。

美味しい水の定義とは
  1. 適度な飲みごたえ:口当たりや喉越しが良くすっきりとした後味。
  2. ミネラルバランス:カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルがバランスよく含まれている。
  3. 炭酸ガスや酸素の清涼感:炭酸ガスや溶存酸素が含まれていることで、さわやかな飲み心地を提供。
  4. 無臭:カルキ臭などの嫌な臭いがない。
  5. 硬度:一般的に硬度は10~100mg/Lが理想とされる。硬度が低い水はあっさりとした飲み口で、高い水はコクがあるが好みが分かれる。

また、美味しい水を科学的に評価するためには、以下の要素が重要でになります。

美味しい水の定義とは
  • ミネラル含有量:カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが適度に含まれていること。
  • 炭酸ガスと酸素の含有:炭酸ガスはさわやかさを、溶存酸素は清涼感をもたらす。
  • 残留塩素の濃度:残留塩素が少ないことも重要で、水の無臭を保つために必要です。

美味しい水の感じ方は人によって異なります。そのため、自分にとって美味しいと感じる水を見つけることが大切です。例えば、硬度の高い水が好きな人もいれば、低い水を好む人もいます。また、炭酸ガスが多く含まれた水を好む人もいるため、自分の好みに合った水を選ぶことが重要です​。

参考文献:電解水素水/アルカリイオン整水器/株式会社日本トリム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【上級睡眠指導士782号】 身長175㎝/体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。腰痛にやさしいマットレスが特に好き。寝室はマットレスだらけです。

コメント

コメントする

目次